ACAMS Japan

九月 16 - 九月 17, 2021
オンライン
10 ACAMS Credits

    「FATF 第 4 次対日相互審査後の継続的なマネー・ローンダリング / テロ資金供与 / 制裁 / 金融犯罪対策 - 現状と課題」

    FATF 第 4 次対日相互審査報告書の公表も今年 8 月に確定し、今日に至るまで日本のすべてのステークホルダーは、相互審査後の金融犯罪をめぐる国内の AML / CFT 規制及び政策のを見据えて態勢整備を行ってきました。今、我が国の金融犯罪対策に対するコミットメントは、新たな局面に移行しています。これを受け、この度私ども公認 AML スペシャリスト協会は、「FATF 第 4 次対日相互審査後の継続的なマネー・ローンダリング / テロ資金供与 / 制裁 / 金融犯罪対策 - 現状と課題」をテーマに「第 12 回日本 マネー・ローンダリング / 金融犯罪対策コンファレンス」を令和 3 年 9 月 16 日 (木) から 17 日 (金) にバーチャルプラットフォームで開催する運びとなりました。コンファレンスでは、対日相互審査報告書の内容と日本での反応、国内外の最新規制当局動向、デジタルトランスフォーメーションの課題、変化する制裁対策や進化するフィンテック業界等のトピックを官民からなる講演者陣が各々の立場からの知見・ベストプラクティス・課題等を議論し、それらを参加者皆様と共有いたします。

    注目のセッション

    最新規制動向:日本とアジア太平洋地域の AML における動向と新たな問題
    エグゼクティブ・ラウンドテーブル:「FATF 対日相互審査評価書とベストプラクティス」
    パネルセッション:日本における制裁リスクとコンプライアンス管理

    価格

    ACAMS 12th Annual AML & Anti-Financial Crime Conference – Japan
    $895.00
    早期割引価格

    表示価格は一定期間のみ有効です。

    特別価格

    3人以上のグループでのご購入には割引が適用されます。詳しくは、apac@acams.org までご連絡ください。

    割引価格

     

     
    ACAMS 会員
    一般(非会員)
    早期割引2 (2021年8月30日までのお支払い):
    US$695 US$795
    標準価格
    US$795 US$895

     

     

     

    プログラム

    プログラムの開始時間は日本時間で表記しています。


    プログラムの内容は事前の告知なく変更になる場合がございます。


    英語のセッションには、日本語への同時通訳を提供します。(日本語のセッションに英語への通訳は提供されません。)

     

    2021 年 9 月 16 日(木)

    開催 1 日目

    08:45 – 17:30

    バーチャルコンファレンス会場 開場

    09:00 – 09:15

    主催者挨拶

    Scott Liles, President and Managing Director, ACAMS

     
    本日のアジェンダについて

    日比野 正彦、CAMS、ACAMS AMLディレクター(日本)

    09:15 – 10:00

    基調講演:「マネー・ローンダリング及びテロ資金供与対策をめぐる国際動向及び我が国の対応」

    講演者:

    尾崎 寛、CAMS、金融庁総合政策局 マネーローンダリング・テロ資金供与対策企画室長

    10:00 – 10:45

    特別講演:FATF第4次対日相互審査評価書について

    講演者:

    Rick McDonell, Executive Director, ACAMS, Former Executive Secretary, Financial Action Task Force (FATF)

    質疑応答モデレーター:

    Rosalind Lazar, CAMS, Regional AML Director –APAC, ACAMS

    10:45 – 11:15

    休憩

    11:15 – 12:20

    パネルセッション:「最新の国内規制動向及びFATF対日相互審査結果を見据えた対応とベストプラクティス」
    • FATF の優先事項と業界ガイダンスの検討:ベストプラクティスと進化する規制当局の期待
    • 日本のAML/CFTプログラムに影響を与える可能性のある今後のポリシー・規制変更の展望
    • 対日相互審査結果への金融機関の反応

    モデレーター:

    ⼩野 勝司 、CAMS-Audit、CGSS、有限責任あずさ監査法⼈ ⾦融統轄事業部 金融アドバイザリー事業部 AML/CFTアドバイザリー部 ディレクター

    講演者:

    植田 敬、CAMS、三井住友銀行 コンプライアンス部 AML金融犯罪対応室 室長、ACAMS日本チャプター Membership Director

    今田 卓也、CAMS、みずほ銀行 コンプライアンス推進部 AML・金融犯罪対策室 室長、ACAMS日本チャプター Membership Director

    堀部 智、三菱 UFJ 銀行 グローバル金融犯罪対策部グローバル金融犯罪対策室(日本)室長

    12:20 – 13:20

    休憩

    13:20 – 14:20

    パネルセッション:「詐欺の新しい顔」 ディープフェイクAI、合成アイデンティティとの戦い

    詐欺は新しいものではありませんが、以前は、偽造された署名や偽の投資スキームなどの方法を使用して詐欺を行う犯罪者が、それほど複雑で洗練されていませんでした。特にCOVID-19パンデミックと世界的なロックダウンをきっかけに、時代は間違いなく変わりました。今日の詐欺は、国境を越えた支払いと合成アイデンティティに関するすべてです。この最先端のセッションでは、COVID-19詐欺や詐欺師によるディープフェイク技術の使用などの最近の動向を含む、新しいタイプの詐欺について専門家パネルが議論をおこないます。

    モデレーター:

    日比野 正彦、CAMS、ACAMS AMLディレクター(日本)

    講演者:

    安田 貴紀、株式会社 ACSiON 代表取締役CEO

    藤本 知成、ソニー銀行 金融犯罪対策部モニタリング 課長

    山本 好昭、CAMS、新生銀行 グループ法務・コンプライアンス統括部/グループIT統括部 金融情報管理室/グループC-SIRT運営室 マネージャー

    14:20 – 15:20

    パネルセッション:「デジタルの足跡」バーチャルの時代の顧客確認と顧客管理の変化
    • eKYCによる顧客の口座開設手順の効率化と、顧客管理プロセスの改善
    • 最終的なコンプライアンスシステムへの統合、デジタルIDの管理と運用

    モデレーター:

    高橋 良輔、弁護士法人御堂筋法律事務所 東京事務所 弁護士


    講演者:

    本多 英明、トッパン・フォームズ株式会社 企画販促統括本部RCS推進本部デジタルコミュニケーション推進部長

    水村 洋一、セブン銀行 ATMソリューション部グループ長

    浦辺 将護、NEC デジタル・インテグレーション本部主任

    15:20 – 15:50

    休憩

    15:50 – 16:50

    パネルセッション:日本における制裁リスクとコンプライアンス管理
    • 日本における制裁リスク-現状展望
    • グローバル・地域連携と対立
    • 台頭するリスクと脅威-政治と経済対立
    • 拡散金融に関わる有効な戦略とリスク管理

    モデレーター:

    鈴木 代史、CAMS、CGSS、三菱UFJ信託銀行 コンプライアンス統括部上級調査役、ACAMS日本チャプター Communication Director

    講演者:

    福島 俊一、元財務省国際局国際機構課資金移転対策室長

    井浪皓之、レクシスネクシスリスクソリューション日本オフィス カントリーマネージャー

    山崎 亨、CAMS-Audit JP モルガン・チェース銀行東京支店 コンプライアンス部グローバル・フィナンシャル・クライム・コンプライアンス日本統括責任者エグゼクティブディレクター、ACAMS日本チャプターProgramming Director

    16:50 – 17:00

    まとめ

    日比野 正彦、 CAMS、ACAMS AMLディレクター(日本)

    2021 年 9 月 17 日(金)

    開催 2 日目

    08:45 – 14:00

    バーチャルコンファレンス会場 開場

    09:00 – 09:05

    主催者挨拶

    日比野 正彦、 CAMS、ACAMS AMLデイレクター (日本)

    09:05 –10:05

    IWTインベスティゲーション:違法野生動物取引をめぐる組織犯罪の新たな脅威の理解
    • ESGの観点から見た金融機関の役割の枠組み
    • 世界と日本の違法な野生生物取引の現状とFATFガイダンス
    • 野生生物犯罪の資金フローの調査 - 金融犯罪対策における官民連携

    モデレーター:

    Dr. William Scott Grob, CAMS-FCI, CGSS, AML Director – Americas, ACAMS

    講演者:

    東梅 貞義、WWFジャパン 事務局長

    北出 智美、WWFジャパン 野生生物グループグループ長、TRAFFICジャパンオフィス代表

    Mileidy Bernal Campos, ECOFEL Senior Officer, Egmont Group of Financial Intelligence Units

    10:05 – 11:05

    最新規制動向 :フィンテック業界 新たなイノベーター/脅威と新技術の活用
    • フィンテック・レジテックの動向と日本の金融産業及び規制当局への影響の検討
    • フィンテック業界を取り巻く規制環境と当局の期待
    • 日本を含むAPAC地域の金融業界の増加するデジタル化への対応・規制ガイダンスとフィンテック業界の取り組み

    モデレーター:

    佐野 史明、弁護士法人片岡総合法律事務所 弁護士

    講演者:

    落合 孝文、一般社団法人Fintech協会 常務理事

    沖田 貴史、一般社団法人Fintech協会 代表理事会長

    11:05 – 11:20

    休憩

    11:20 – 12:20

    パネルセッション:「仮想世界」VASPコミュニティのAMLチャレンジに対する日本と世界の展望
    • 「仮想資産とVASPに関する改訂FATF基準12ヶ月のレビユー」に対する業界の対応
    • 仮想資産サービス プロバイダー (VASP) 規制-最近の本邦とグローバルな取組みの評価

    モデレーター:

    小島 英一、デロイトトーマツファイナンシャルアドバイザリー合同会社 パートナー金融犯罪リスク管理/金融フォレンジック統括

    講演者:

    松澤 亜里沙、CAMS、金融庁 総合政策局マネーローンダリング・テロ資金供与対策企画室室長補佐

    齊藤 治彦、東京国際コンサルティング マネージング・ディレクター

    盛本 マリア、Elliptic Japan マネージャー

    12:20 – 13:20

    パネルセッション:「フィンテックの次へ」金融イノベーターにとって迫り来るAML課題の評価

    フィンテック業界は、私たちが知っているように銀行の顔を変え、より速く、より便利になりました。しかし、このイノベーション部門はAMLコミュニティにも大きな課題を提示しています。これには、絶えず進化している製品を効果的に規制するにはどうすればよいでしょうか。フィンテックや金融業界の未来を形作るトレンドは何ですか?最後に、AMLの専門家はこの進化にどのように対処するのでしょうか?経験豊富なAMLエキスパートと一緒に、FinTechコンプライアンス環境の将来と継続的な変革について活発な議論を行います。

    • AML/AFCリスク管理の現状と課題
    • ケーススタディ: FinTechとの連携によるAML/AFCリスク管理(本邦メガバンクグループ事例)

    モデレーター:

    瀧 俊雄、一般社団法人Fintech協会 アドバイザー

    講演者:

    小野精一郎、三菱UFJ銀行 グローバル金融犯罪対策室インテリジェンスオフィス インテリジェンス&アナリティクス調査役

    河合 祐子、Japan Digital Design 株式会社 代表取締役

    13:20 – 13:30

    総括と閉会の挨拶

    日比野 正彦、 CAMS、ACAMS  AMLデイレクター (日本)

    講演者とタスクフォース

    協賛企業

    ダイヤモンドスポンサー

    ゴールドスポンサー

     

    協賛のご案内

    「ACAMS 第12回 日本 マネー・ローンダリング/金融犯罪対策コンファレンス」へのご協賛により、次のようなベネフィットが見込まれます。

     

    • 将来的な事業機会の増加のための顧客リストの拡大につながります。
    • クライアントとの関係を構築・維持し、収益性の向上につなげられます。
    • 製品やサービスの紹介と、フィードバックの機会を得ることができます。
    • ブランドの認知度を高めることができます

    プレス

    イベントの取材について

    本イベントの取材を希望される報道関係者の方は、こちらのフォームをご利用ください

    FAQ

    ACAMSポイントは取得できますか?
    参加証明書はもらえますか?
    セッションはオンデマンドで視聴できますか?
    オンライン登録ができないのですが、どうしたらいいですか?
    登録確認メールが届かないのですが、どうしたらいいですか?
    セッションにアクセスするにはどうすればいいですか?
    パネルへの質問を投稿するにはどうすればいいですか?
    イベント参加中に技術的な問題が発生した場合は?
    ログイン情報を共有できますか?
    ACAMS 日本バーチャルコンファレンスへの協賛は募集していますか?
    他の参加者を見ることはできますか?
    割引価格はありますか?