The Assembly 日本

9 月 9 - 9 月 10, 2024
グランド・ハイアット東京
9 ACAMS クレジット
Private chapter member price
$9,999,995.00

    コラボレーションによる先駆的な金融犯罪対策

    日本のAML/AFC専門家は、サイバー犯罪の脅威への対応、詐欺対策、AIガイドラインや技術の検証、コンプライアンス文化の維持など、国内金融システムの安全性を保つ使命を担っています。犯罪者が創造的な手法により新たな脅威や金融犯罪を画策するなかで、AML/AFCの専門家は業界や組織を横断したコラボレーションの力を活用することで、金融犯罪対策に取り組む必要が生じています。 

     

    この度、ACAMS(公認AMLスペシャリスト協会)は令和6年9月9日(月)~10日(火)、グランド・ハイアット東京にて『The Assembly 日本 2024』を開催する運びとなりました。主要な規制当局や金融機関の専門家、コンプライアンスの実務家が一堂に会し、日本におけるAMLイニシアチブの新たな戦略をどのように生み出すべきか、議論を重ねます。 コンファレンスでは、AIの技術開発を促進しリスクを軽減するための最新のフレームワーク、トークン化を活用した官民連携による通貨システムの拡張、二段階のフレームワークを維持した誤検知の回避、データ共有による金融犯罪対策ネットワークの強化、制裁回避を防ぐための貿易コントロール、金融包摂を阻害しない金融サービスの規制など、コミュニティに影響を与える最重要課題についてAFC専門家が議論します。また、この二日間を皆様のネットワーキングの場としてもお役に立てていただければ幸いです。

    数字で見る日本コンファレンス

    30+

    専門家の登壇

    2

    日間のトレーニング&ネットワーキング

    9

    ACAMSの9単位*を取得

    *ACAMS 会員は、本カンファレンスで 9 単位の ACAMS クレジットを取得することができます。これらのクレジットは、ACAMS認定資格の維持のためにカウントされます。

    トップセッション

    官民連携
    暗号資産による金融包摂と、AML のリスク
    外為法による制裁コンプライアンスの管理
    詐欺犯罪とAI、AMLの交差点

    プログラム

    このイベントプログラムは日本時間で表示されています。

     

    プログラムは事前の通知なく変更される場合がございます。

     

    このイベントは日本語で開催されます。

    09:00 – 10:00

    受付・ネットワーキング

    09:00 – 16:00

    展示ホール開場

    10:00 – 10:05

    主催者挨拶

    10:05 – 10:30

    基調講演

    10:30 – 10:45

    特別講演

    10:45 – 11:25

    新たな基準とメソドロジー:FATF第5次相互審査を見据えた取り組み

    • FATF相互審査における最新のメソドロジーの特定と理解
    • 有効性の審査と評価プロセスの理解
    • 国内法規制との整合性と実質的な有効性の検証
    11:25 – 12:25

    エグゼクティブ・ラウンドテーブル: 本邦AML取り組みの向上をリードするために

    強固なAFCの枠組みを構築・維持するために、各金融機関がどのようにベストプラクティスを特定、実践しているかについて、業界をけん引する事業者の皆様からお話を伺います。常に新しいテクノロジーやサービス、リスクが出現する環境で、事業を継続するためには何が重要なのでしょうか。 

     

    講演者: 
    大島 知子、三菱UFJ銀行、執行役員 FATF対日相互審査担当 兼 グローバル金融犯罪対策部部長 兼 グローバル金融犯罪対策室(日本)室長

    12:25 – 13:25

    昼食・ネットワーキング

    13:25 – 14:25

    サイバー犯罪: マルウェアやフィッシングなど、犯罪者のテクノロジー利用とその対策

    • 日本および海外の特定地域におけるサイバー犯罪の現状と新たな犯罪類型の検証
    • フィッシング/マルウェア攻撃に対する脆弱性と対策の特定
    • 調整犯罪が疑われる場合の口座凍結に備えたパラメーターと基準の調整
    14:25 – 15:10

    テクノロジートレンド: AI およびその他の新しいツールの利点と課題

    • 金融機関によるAI を活用した金融犯罪の検知と軽減の取り組み強化の検証
    • KYC、取引モニタリングおよびスクリーニングシステムの合理化と、サイバーセキュリティ向上のためのAIなど新規テクノロジーの評価
    • テクノロジーの変化が及ぼす影響によって三線(監査部門)に新たに求められる対応と態勢
    15:10 – 15:40

    ネットワーキング 

    15:40 – 16:40

    詐欺犯罪との闘いにおける日本の現在地

    • 金融機関における国民IDの導入制限に関する現状理解
    • 振り込め詐欺救済法の基準に関する理解と評価
    • 匿名・流動型犯罪グループ「トクリュウ」など新たな組織犯罪集団による犯罪事例の検証
    16:40 – 16:45

    一日目 閉会の挨拶

    09:00 – 10:00

    受付・ネットワーキング

    09:00 – 16:00

    展示ホール開場

    10:00 – 10:05

    主催者挨拶

    10:05 – 10:30

    基調講演

    10:30 – 10:55

    特別講演

    10:55 – 11:55

    FATF勧告16:改訂と第5次相互審査における各業界への影響

    • FATF勧告16の改訂の経緯と現状
    • 改訂による日本の金融エコシステムと AML 手法への影響の特定
    • 対象事業者の改訂要件への対応と、AML従事者の次のステップの理解
    11:55 – 12:55

    昼食・ネットワーキング

    12:55 – 13:55

    資金の流れと暗号資産のトラッキング

    • FSB区域外との取引を行う金融機関のAMLに対する潜在的な影響の評価 
    • 暗号資産業界における各法域の断片化とサンライズ問題(規制アービトラージ)の回避
    • 進化する暗号資産のトレンドに対応したAML戦略の変化の検証
    13:55 – 14:40

    官民連携によってつなぐ架け橋

    • 多国間PPPを含む官民連携およびモニタリング実施時に双方が直面する課題の検証
    • 民間における事業者間のデータ共有と、捜査機関とAML部門の連携の評価
    • 英国(JMLIT)、米国(FinCEN Exchange)、ドイツ(AFCA)などを含む、他国の官民、民民連携の事例における有効性の考察

     

    モデレーター: 
    Caryn Leong, CAMS, Regional AML Director – APAC, ACAMS

    14:40 – 15:10

    ネットワーキング

    15:10 – 16:10

    制裁回避と地政学的リスクについて議論する

    • 制裁回避の取り組みに対する外国為替及び外国貿易法(FEFTA)と制裁コンプライアンスの有効性の検証
    • 財務省による拡散金融リスク評価を検討し、今後の FATF 第5次対日相互審査に影響を与える可能性がある地政学と制裁問題を特定する
    • ウクライナ、パレスチナ、イスラエル、中国における情勢による地政学リスクの考察
    • 国内人権デューディリジェンス(HRDD)に基づく現在の地政学的情勢における人権の考慮

     

    モデレーター: 
    Dr. Justine Walker, Global Head - Sanctions, Compliance and Risk, ACAMS

    16:10 – 16:15

    総括と閉会の挨拶

    価格について

     

    価格には別途消費税が加算されます。

    The Assembly Japan 2024
    $1,095.00

     

    グループでのお申込みと割引について

    エンタープライズ会員および3名以上のグループでのお申込みはカンファレンス参加費用の割引の対象となります。詳細については、担当者にお問い合わせください。

    参加費

    公共部門

    会員
    非会員
    USD 1,195USD 1,295

    民間部門

     
    会員
    非会員
    通常価格

    USD 1195

    USD 1295

    注目の協賛企業と出展企業

    ダイヤモンドスポンサー

    プラチナスポンサー

    出展企業

     

    協賛のご案内

    「The Assembly 日本 2024」へのご協賛により、次のようなベネフィットが見込まれます。

     

    • 将来的な事業機会の増加のための顧客リストの拡大につながります。
    • クライアントとの関係を構築・維持し、収益性の向上につなげられます。
    • 製品やサービスの紹介と、フィードバックの機会を得ることができます。
    • ブランドの認知度を高めることができます。

    プレス

    イベントの取材について

    本イベントの取材を希望される報道関係者の方は、こちらのフォームをご利用ください。

    FAQ

    The Assembly (ジ・アセンブリ)
    ACAMSポイントは取得できますか?
    参加証明書はもらえますか?
    オンライン登録ができないのですが、どうしたらいいですか?
    登録確認メールが届かないのですが、どうしたらいいですか?
    ACAMS 日本コンファレンスへの協賛は募集していますか?
    割引価格はありますか?
    代理出席とキャンセルについて
    欠席について
    現地開催イベントに関する最新の返金ポリシーについて
    払い戻しおよびキャンセルポリシーについて教えてください。
    安全衛生方針とは何ですか?