ACAMS 日本

九月 7 - 九月 8, 2022
Conrad Tokyo
10 ACAMS クレジット

    継続的なマネー・ローンダリング/金融犯罪対策 – 現状と課題

    昨年のFATAF-MERの公表後、日本のすべてのステークホルダーは、金融犯罪をめぐる国内のAML/CFT規制及び国の行動計画・政策に基づき態勢整備を行ってきました。今、我が国の金融犯罪対策に対するコミットメントは、新たな局面に移行しています。これを受け、この度私どもACAMS(公認AMLスペシャリスト協会)は、「継続的なマネー・ローンダリング/金融犯罪対策 – 現状と課題」をテーマに「第13回日本マネー・ローンダリング/金融犯罪対策コンファレンス」を令和4年9月7 (水)~9月 8日(木)に開催する運びとなりました。コンファレンスでは、国内外の最近の規制当局動向とステークホルダーの対応、フィンテック/クリプト犯罪/金融犯罪コンプライアンスの課題と展望、変化する制裁対応やコンプライアンス・カルチャー等のトピックを官民からなる講演者陣が知見・ベストプラクティス・課題等を議論し、それらを参加者皆様と共有いたします。

    数字で見る日本コンファレンス

    240

    出席予定者

    35+

    専門家の登壇

    1.5

    日間のトレーニング&ネットワーキング

    10

    ACAMSの10単位*を取得

    *ACAMS 会員は、本カンファレンスで 10 単位の ACAMS クレジットを取得することができます。これらのクレジットは、ACAMS認定資格の維持のためにカウントされます。

    トップセッション

    最新規制動向:国内外のAML動向と新たな課題
    パネル・セッション:「最新の国内規制動向及び当局/ FATF 対応と ベストプラクティス」
    制裁フォーカス:制裁リスクコンプライアンス構築に向けて

    プログラム

    日本標準時(JST)で表示されています。

    プログラムは予告なく変更されることがあります。

    このイベントは日本語で開催されます。英語のセッションには、日本語への同時通訳を提供します。(日本語のセッションに英語への通訳は提供されません。)

    09:00 – 09:30

    受付・ネットワーキング

    09:30 – 09:45

    主催者挨拶

    Scott Liles, Chief Executive Officer, ACAMS

    本日のアジェンダについて

    日比野 正彦、CAMS、ACAMS AMLディレクター(日本)

    09:45 – 10:15

    基調講演:「マネー・ローンダリング及びテロ資金供与対策をめぐる国際動向及び我が国 の対応」(仮置き)

    尾崎 寛、CAMS、 金融庁 総合政策局 リスク分析総括課 マネーローンダリング・テロ資金供与対策企画室 主任統括検査官

    10:15 – 10:45

    特別講演

    Rick McDonell, Executive Director, ACAMS, Former Executive Secretary, Financial Action Task Force (FATF)

    10:45 – 11:45

    パネル・セッション:「最新の国内規制動向及び当局/FATF 対応と ベストプラクティス」

    • FATF 優先事項と業界ガイダンスの検討:ベストプラクティスと進化する規制当局 要請の確認
    • 日本の AML/CFT に影響を与える可能性のある今後のポリシー/規制変更の 展望の理解
    • 2024年金融機関による継続的顧客管理の完全実施にむけてのロードマップの共有
    • 規制対象事業者による、規制当局、検査官、監査人に対するAML/CFTの有効性を実証する指標および主要業績評価指標の理解

    モデレーター:

    ⼩野 勝司、CAMS-Audit、CGSS、有限責任あずさ監査法⼈ ⾦融統轄事業部 金融アドバイザリー事業部 AML/CFTアドバイザリー部 ディレクター

    講演者:

    堀部 智、三菱UFJ銀行 グローバル金融犯罪対策室(日本) 室長
    今田 卓也、CAMS、みずほ銀行 コンプライアンス推進部 副部長
    植田 敬、CAMS、三井住友銀行 コンプライアンス部 AML金融犯罪対応室 室長

    11:45 – 12:55

    昼食・ネットワーキング

    12:55 – 13:40

    ノンバンク決済を巡るFATF勧告及びFATF第4次対日相互審査と、本邦AML/CFTの取組み (銀行による決済業者のモニタリングを含む)

    • 現状のリスクの理解/評価の検証
    • 継続的顧客管理の高度化への取り組みの理解
    • 2024年金融機関等による継続的顧客管理の完全実施にむけてのロードマップの共有

    モデレーター:

    日比野 正彦、CAMS、ACAMS AMLディレクター(日本)

    講演者: 

    Ryu Nakasaki, Attorney at Law, Nakasaki Sato Law Firm

    岡崎 頌央、金融庁 総合政策局リスク分析総括課マネーローンダリング・テロ資金供与対策企画室 専門検査官

    吉元 利行、現代ビジネス法研究所 代表

    13:40 – 14:25

    未知の脅威 – ゲーミングビジネス:リスク軽減に向けたAML戦略

    • カジノおよびゲーミング業界から出現するリスクの評価
    • 事業者に対する最近の米国執行措置から得られた教訓の検証
    • データ分析を使用し顧客の取引パターンを特定するベストプラクティスと効果的なAML/CFTリスク軽減戦略の共有

    講演者: 

    本間 正人、ベーカー&マッケンジー法律事務所(外国法共同事業)パートナー

    筒井 雄一朗、テックファームホールディングスグループ プリズムソリューションズ 社長

    14:25 – 14:55

    ネットワーキング

    14:55 – 15:40

    法人・法的取極めの透明性と実質的支配者確認・管理の向上にむけて

    • 最近の国内規制アップデートの共有
    • 法人・法的取極めの透明性と実質的支配者を巡る課題の検証
    • 正確かつ最新の実質的支配者情報の入手と活用の課題を探る

    講演者:

    Matthew Field, APAC AML Market Director, NICE Actimize

    山根 洋、株式会社広島銀行 リスク統括部 マネロン等金融犯罪対策統括室長

    15:40 – 16:25

    レグテック、人工知能、データ分析によるトランザクション・モニタリングの最適化

    • 組織がAIでより良い成果を達成したケース:よりリスクに有意なアラートの理解
    • 組織内外のリンクされたネットワークと隠れた関係の特定による、データ分析がトランザクション・モニタリング結果を改善できるかを探る
    • サードパーティのデータベースの展開を含む、より効果的なトランザクション・モニタリングのためのRegTechを組み込む際のベストプラクティスの共有

    モデレーター:

    Tomohiro Yoshimine, Deloitte Tohmatsu Financial Advisory

    講演者: 

    光安 豊史、株式会社横浜銀行 リスク管理部 マネロン等金融犯罪対策室 室長

    村田 隆洋、CAMS、NTTデータ ルウィーブ株式会社 事業部長

    16:25-16:30

    第一日目まとめ

    日比野 正彦、CAMS、ACAMS AMLディレクター(日本)

    09:00 – 09:45

    受付・ネットワーキング

    09:45 – 09:50

    主催者挨拶

    日比野 正彦、CAMS、ACAMS AMLディレクター(日本)

    09:50 – 10:35

    基調講演:日本を取り巻く制裁リスクとコンプライアンス(仮置き)

    10:35 – 11:35

    「 アップデート: 暗号資産のリスクに対応したFATFによる改訂ガイダンスの公表と、トラベルルール、ステーブルコイン、DeFi、NFTへの対応」(仮置き)

    • 暗号資産に関するFATF基準とこれまでのFATF動向/2021年10月公表のFATF改訂暗号資産ガイダンスと報告書の理解
    • DeFi, NFT, ステーブルコイン、unhosted wallet 取引の検証
    • トラベルルール適用についての理解

    モデレーター:

    髙橋 瑛輝、弁護士法人中央総合法律事務所 弁護士 

    講演者:

    松澤 亜里沙、CAMS、 金融庁 総合政策局マネーローンダリング・テロ資金供与対策企画室/国際室 室長補佐

    11:35 – 12:45

    昼食・ネットワーキング

    12:45 – 13:30

    ESGフォーカス:環境犯罪、違法野生動物取引をめぐる組織犯罪の新たな脅威の現状と取り組み

    • ESG の観点から見た金融機関の役割の枠組み
    • 世界と日本の違法な野生生物取引の現状と FATF ガイダンス
    • 野生生物犯罪の資金フローの調査 - 金融犯罪対策における官民連携

    モデレーター:

    大野 徹也、CAMS、霽月法律事務所 弁護士

    講演者:

    穂積 昭夫、CAMS、オーストラリア・ニュージーランド銀行グループ (ANZ) フィナンシャルクライム部ヘッド
    西野 亮子、WWFジャパン 野生生物グループ グループ長、TRAFFIC プログラムオフィサー

    13:30 – 14:15

    バーチュアルスペースにおける金融犯罪:暗号通貨と代替決済プラットフォームのAML/CFTリスク管理の現状と対策

    • 暗号通貨および中央銀行デジタル通貨(CBDC)におけるAFCおよび詐欺リスク検証
    • 支払いと送金のための新しいプラットフォームに関するAML/CFT コントロールの有効性の評価
    • オンライン購入を装った価値移転を特定するためのデータ分析の利用を含む、電子商取引取引における効果的なリスク軽減戦略の検討

    講演者:

    雨宮 吉秀、LexisNexis Risk Solutions カントリーマネージャー

    荒木 雄介、CAMS-Audit、株式会社ビットフライヤー 金融犯罪対策部 部長

    篠原 雄、コインチェック株式会社 コーポレート管理部 企画G グループリーダー

    14:15 – 14:45

    ネットワーキング

    14:45 – 16:00

    制裁フォーカス:制裁リスクコンプライアンス構築に向けて

    • 制裁ホットトピック
    • 二次制裁や潜在的コンフリクト対処戦略の策定を含む、様々な制裁体制を遵守する際の課題の理解
    • デュアルユース品目の検出や組織のリスク選好との適合性に関する制裁モデルの有効性の検証
    • 制裁プログラムにおける制裁リスク評価指標の標準化、一貫性のある分析、アカウントの閉鎖/保持をサポートするベストプラクティスの共有

    講演者: 

    鈴木 代史、CAMS、CGSS、三菱UFJ信託銀行 コンプライアンス統括部 上級調査役

    スウィニー デニス、Fenergo Japan 株式会社 営業部長 兼 カントリーマネージャー

    高橋 大祐、真和総合法律事務所 パートナー 弁護士

    16:00 – 16:10

    総括と閉会の挨拶

    日比野 正彦、 CAMS、ACAMS AMLディレクター(日本)

     

    講演者とタスクフォース

    価格について

    価格には別途消費税が加算されます。

    ACAMS 第13回 日本 マネー・ローンダリング / 金融犯罪対策コンファレンス
    $1,095.00
    早期割引価格

    表示されている料金には早期割引が含まれており、期間限定での販売となります。今後の料金については、以下の料金表をご覧ください。

    特別価格

    エンタープライズメンバーおよび3名以上のグループには、特別価格が適用される場合があります。

    詳しくは、apac@acams.org までお問い合わせください。
     

    価格表

     

    民間向け

     
    ACAMS 会員
    一般
    早割価格1(2022年8月8日終了)
    US$795 US$895
    標準価格
    US$995 US$1,095

    公的機関向け

     
    ACAMS 会員
    一般
    標準価格
    US$995 US$1,095

    スポンサー&出展者

    ダイアモンドスポンサー

    プラチナスポンサー

    ゴールドスポンサー

    ブレイクスポンサー

    出展者

     

    協賛のご案内

    「ACAMS 第13回 日本 マネー・ローンダリング/金融犯罪対策コンファレンス」へのご協賛により、次のようなベネフィットが見込まれます。

     

    • 将来的な事業機会の増加のための顧客リストの拡大につながります。
    • クライアントとの関係を構築・維持し、収益性の向上につなげられます。
    • 製品やサービスの紹介と、フィードバックの機会を得ることができます。
    • ブランドの認知度を高めることができます。

    プレス

    イベントの取材について

    本イベントの取材を希望される報道関係者の方は、こちらのフォームをご利用ください。

    FAQ

    ACAMSポイントは取得できますか?
    参加証明書はもらえますか?
    オンライン登録ができないのですが、どうしたらいいですか?
    登録確認メールが届かないのですが、どうしたらいいですか?
    ACAMS 日本コンファレンスへの協賛は募集していますか?
    割引価格はありますか?
    代理出席とキャンセルについて
    欠席について
    ACAMS日本コンファレンスにおける、新型コロナウイルス感染症対策について
    返金について